保育方針

○ 保護者の就労による家庭養育の支援や、重要な乳幼児期に家庭では育ち難い子ども社会の中において、人と関
  わる力、道徳心、生きる力を培う
○ 家庭と地域との連携を密にし、協力を得ながら健康で安全な生活に必要な生活習慣を養う
○ 一人一人の発達過程に沿った指導を行い、心身の調和的な成長を図る
○ 友だちと仲良く遊び、優しい思いやりの心を持って共に育つ子どもをめざす
○ 身のまわりのものに興味や関心を持たせ、意欲的に活動させる
○ 遊びの自主性を伸ばし、生活体験をとおして思考力や道徳の芽生えを育てる
○ 常に、清潔・安全な環境に心がけ、ゆったりとした家庭的な雰囲気の中で一人一人を大切に日々保育する
○ 人や自然との関わりの中で、愛情と信頼感を育てると共に、自主、協調の態度を養う。

保育目標

○  心身共に明るく元気な子ども
○  決まり、約束を守って最後まで頑張る子ども
○  人の話をよく聞く子ども
○  誰とでも仲良くする心優しい子ども
○  物事をよく見、よく考えて創造する子ども